Williams Sonoma ウィリアムズソノマ(キッチン用品店)

高級キッチン用品やハイセンスな雑貨が並ぶキッチン天国

Williams-entアメリカで料理好きの人やお洒落なキッチン用品好きな人は必ずといって良い程使っているブランドである。特技が料理とお菓子作りとして有名なアメリカの女優ブレイクライブラリーも愛用者の一人である。

williams-interiorWilliams-Sonomaはサンフランシスコから北に車で1時間半程行った、ワインカントリーとして知られているSonoma(ソノマ)という町で、1956年に最初のお店をオープンさせた。Chuck Williamsという人物が創業したのがその名前の由来である。当時はフランスから輸入したキッチン用品を販売するだけの小さなお店だったが、その調理器具はそれまでアメリカ人が見たことも無いようなフランス製のものだったため、シェフや料理好きの人から瞬く間に人気のお店となった。現在は全米に250店舗以上とカナダにお店を構えるまでに成長。商品も幅広く、キッチン用品、キッチン家電、リネン、食器、調味料、クックブックなど、全てハイクオリティの商品を厳選して扱っている。そのため、お土産や贈り物としても間違いの無いブランドだ。高級キッチン用品専門店として、アメリカでその地位を確立している。

williams-insideこちらはサンフランシスコのユニオンスクエア前にあるお店。ウィリアムズソノマの本社はサンフランシスコなので、このお店はいわばフラッグシップショップ。中に入ると3階建ての吹き抜けの建物にお洒落なキッチン用品、雑貨等が所狭しと並ぶ。
williams-cookwareAll-CradやFissler, Le CreusetやStaubといった有名キッチンウエアとオリジナル商品の両方を販売しているが、オリジナル商品もクオリティが高いので、私はよくこのお店のオリジナル商品のファブリック、ソープ、食品などを購入する。下の写真はマルゲリータカクテルを作る為のジュースである。味見したがとても美味しかった。
williams-drink日本で言うところのコンランショップのキッチン売り場やディーン&デルーカの売り場をもっと広く、品揃え豊富にした感じだろうか。

williams-kitchenキッチン自体も販売している。行く度にキッチンを作るならいつかWilliams-Sonomaのキッチンを自宅に…と思う。

williams-fablic日本の通販などで人気のあるファブリック類もこちらで買えばもちろんお値打ち。日本には無いお店で、クオリティも高いのでアメリカのお土産にも良さそうだ。

williams-towelハンドソープにローション、食器用洗剤、ルームフレグランスなど、どれも良い香りでおすすめの品。私のお気に入りの香りはシトラスやハーブをミックスした香りのVert Fraisで、こちらもお土産としてもおすすめのものだ。

williams-soapユニオンスクエアの目の前で観光ついでに寄るのに抜群のロケーションなので、サンフランシスコに訪れた際には立ち寄ってみたらきっと素敵なお土産やお気に入りのものが見つかるだろう。