The Cheese School/チーズスクール(チーズ教室)評価対象外

チーズ専門のクッキング&テイスティングスクール

cheese-entThe Cheese Schoolはサンフランシスコで唯一のチーズ専門のスクールだ。恐らくチーズ専門でやっているスクールは全米でもそう多くはないだろう。創業は2006年、チーズを作るレッスンの他に、チーズとワインorビールor日本酒のペアリングレッスン、チーズを使った料理のレッスンや、チーズメーカーとのディナー等のイベントもやっている。

cheese-inside-books店内はとても可愛い雰囲気で至る所にチーズの本や、チーズに合わせるジャム、チーズプレート等可愛いものが販売されている。

cheese-inside-beer本日のテーマであるチーズのビールのペアリングに関する本たち。

cheese-chris参加したレッスンは、フレンチチーズとベルギービールのペアリングを行うテイスティングコース。とてもにこやかで優しいブルックリン出身の講師クリス。元はチーズ会社に勤務していたので、チーズに関しては当然ながら詳しい。すっかりサンフランシスコが気に入ったようだ。 まずは一杯目のベルギービールテイスティングをしつつ席に着く。 cheese-counterこちらのコースは$69/人で、2時間みっちりコースだ。参加者は約20人程。 cheese-class面白かったのは、日本だったら講師から『このビールとこのワインのペアリングはどうですか?合うと思いますか合わないと思いますか?』と聞かれると、大体の人はとりあえず合うと答えそうなものだが、ここは流石アメリカ。合わないと思ったらはっきり合わないと言い、その理由も述べる、というとってもアメリカ人らしい素直な生徒達。 cheese-plateチーズは12時の位置から時計回りで、以下の7種類。全てフランス産のもの。

  1. Pavé de Chévre, Cardinal(山羊乳、加熱)                                                                               やや土臭い匂いするチーズ。外側の熟成している方が味が濃く、内側はフレッシュでやや酸味がある。美味しい。
  2. Vendéen Bichonné(牛乳、加熱)                                                                                              フランスではサンドイッチに挟むなど日常用のチーズとして使われている。リッチでバターっぽいが塩味が結構強め。こちらも美味しい。
  3. Secret du Couvent(牛乳、フレッシュ)                                                                                   チーズの乳臭い匂いが強いが、味はマイルドでどちらかと言うとチーズが苦手な人でも美味しく食べれそうなチーズで、私向けでは無さそう。
  4. Brillat Savarin(牛乳、加熱)                                                                                                       生クリームを食べているかのような感じのチーズだが、少し塩味もあって3番目のビールと良く合う。
  5. Comté, Marcel Petite(牛乳、フレッシュ、ハードタイプ)                                                     約2年熟成したプレストチーズ。今回テイスティングした中で一番好みだったのはこちら。AOCチーズ。
  6. Ossau Iraty(羊乳、フレッシュ、セミハードタイプ)                                                              パルメザンチーズのような香り、味も風味も独特の強めでこれはあまり好みではなかった。AOCチーズ。
  7. Fourme d’Ambert, Podolphe le Meunier(牛乳、フレッシュ)                                             ミルキーな香り、ブルーチーズのロックフォールに近いようなテクスチャーだが、味は塩味が少なくもっとマイルド。熟成は数ヶ月。AOCチーズ。

ペアリングに使われたビールは以下の5種類
cheese-beer2345

  1. Dilewyns Vicaris Tripel Gueuze(アルコール7.0%、1.2のチーズとのペア)
  2. Dupont Avec Les Bons Voeux(9.5%、3.4のチーズとのペア、写真右)
  3. Rodenbach Grand Cru(6.0%、5のチーズとのペア、写真右から2番目)
  4. De Dolle Oerbier(9.5%、6のチーズとのペア、写真右から3番目)
  5. Rochefort Trappistes 10(11.3%、7のチーズとのペア、写真左)

cheese-beerビールのジャケットはこんな感じである。チーズと良く合ったのは3番目のRodenbachで、少しヨーグルトのような酸味があり、葡萄ジュースのような香りと味でビターさが無い。このビールはワインのようにオーク樽で熟成させているようだ。チーズと良く合う、いい意味でビールっぽくないビール。その他、ビール単体で美味しかったのは4番目、5番目。

帰り際に今日のレッスンで使われたチーズを購入出来るようになっている。一番美味しかった5番目のComtéというチーズをお持ち帰り用に購入。本日のレッスンで使われたチーズは5番目がフェリービルディングの人気チーズ店 “Cowgirl Creamery”で、それ以外はNob Hillにある “Cheese Plus”で購入できる。

スクールへの参加を希望する場合は、こちらからオンラインで申し込みが出来るようになっている。珍しいチーズ専門のスクール、単発で参加出来るので、チーズ好きならば一度参加してみてはいかがだろうか。

The Cheese School(サンフランシスコ・ノースビーチ地区)

http://www.thecheeseschool.com
2155 Powell St, 2nd Floor (between Chestnut St & Francisco St)
San Francisco, CA 94133
(415) 346-7530