No. 246/ナンバー246(イタリアン)総合77点

数日で極めるアトランタの食④ 地元で人気のイタリアン

no246-entアトランタ3日目の夜のレストラン選びは、アトランタに1年前に来た友人が訪問して美味しかったというイタリアンを訪問してみることに。アトランタのダウンタウンから車で15分程の距離にあるDecatur(デケーター)という街のダウンタウンにあるレストラン。駅近くなので電車でも行けると思う。

no246-bar真っ黒な外観のお店を入ると、店内は人で一杯。訪問している人を見ると昨日のJCT Kitchen & Barより随分カジュアルな客層で店内もカジュアル。JCTもそうだったが、超満席でとてもうるさいのが気になる。

no246-kitchen奥にあるオープンキッチンからは薪を使ったピッツアの釜と生ハムをカットする機械が見える。後に知ったのだが、このお店は前日に訪問して私のお気に入りとなったJCT Kitchen & Barと同じシェフ兼オーナーが、アトランタNo.1のレストランと言われるBacchanalia(バカナリア)のファインダイニングであるQuinones at BacchanaliaやカジュアルバージョンであるFloataway Café等で修行をしたシェフとパートナーを組んで経営しているようだ。

no246-tableテーブルに付くと運ばれてくるパンは岩塩もしくはオリーブ付きオリーブオイルに付けて頂くのだが、もちっとしたパンで美味しかった。

no246-cocktailカクテル 8ドル(PIMM’S CUP, FOR THE SUMMER $8)
夏らしい柑橘系のすっきりとしたカクテル。pimm’s no. 1というお酒にレモンやきゅうり、cynerというイタリアのハーブ酒を混ぜたもの。

no246-proseccoプロセッコ 7ドル(Prosecco, Valdo, Veneto NV $7)
このプロセッコがオーダーしてから一向に来ず、前菜を食べ終わる頃にようやく到着。食前酒のつもりでオーダーしてるんですけど?と言いたくなる。辛口なところは好みだが、泡のきめが荒く、値段相応。

更に言えば、前菜で生ハムとチーズの盛り合わせをオーダーしていたのだが、こちらも一向に来ず、結局最後まで来なかった。しかもウエイターはお会計を持ってくる時に生ハムとチーズが出ていないことに気付いたのだが、特に謝罪することもなく、勘定を持ち帰って修正して気付かぬふりをする始末。一言くらいあっても良いのでは?

no246-burrataブラータ 9ドル(burrata, young tomatoes, pickled eggplant, torn herbs, garlic crostini $9)
このブラータとても美味しかった。ブラータとはブラータチーズというモッツアレラチーズとクリームから作るイタリアのフレッシュチーズ。今まで、サンフランシスコのState Bird Provisionsや、Cotognaといった名レストランでブラータを食べて来たが、ここのブラータがソースの酸味とチーズのバランスが良く一番美味しいと思った。

no246-saladシーザーサラダ 9ドル(caesar salad, EVOO fried crutons, anchovies, grana $9)
至って普通のシーザーサラダ。葉っぱの量が少ないので野菜不足の解消にはならない。

no246-meatballNo. 246ミートボール 5ドル(no. 246 meatball, san marzano, basil, parmesan $5 ea)
5ドル/個で注文できるミートボールのトマトソース和え。お店の名前が付いたミートボールだけに期待したのだが、わりと普通だった。

no246-pizzaトリュフのピッツア 17ドル(TRUFFLE /patty pan squash, preserved black truffle, basil, mozzarella $17)
トリュフというピッツアの名前の割にトリュフの存在も香りもほとんど感じないレベル。これだったら普通にマルゲリータがマッシュルームピッツアにしておけば良かった。生地自体はもちもち系で私好み。

no246-pastaアニョロッティ 22ドル(AGNOLOTTI / house ricotta, brown butter, sweet corn, georgia chanterelles, cana de cabra $22)
アニョロッティとはラビオリの一種でピエモンテ州の郷土料理。自家製リコッタチーズがたっぷり入ったアニョロッティはやはり美味しい。chanterellesとはジロール茸のことで、旨味をプラスしている。ソースはバターベースでコクがある。

no246-cakeチョコレートケーキ 4ドル(flourless chocolate cake, citron $4)
小麦粉不使用のチョコレートケーキ。少し小振りだが、濃厚なビタームースとクリームのバランスが良く、おかわりしたいくらい美味しい。

no246-pannaバターミルクパンナコッタ 4ドル(buttermilk panna cotta, blueberry, mint $4)
バターミルクとは牛乳やクリームからバターを作った後に残るミルクのことで、通常のミルクより酸味が強いことが特徴。このバターミルクを使ったあっさりとしたパンナコッタ。こちらも結構小振りだが値段も安い。

このNo. 246はサービスの悪さがとても気になった。特にオーダーしたものが遅いもしくは運ばれてこず、謝ってもらえればそれで済む話だったのにも関わらず、気付かないふりをする辺りはかなり感じが悪いと思う。たまたま付いたウエイターが悪かったのかもしれないが、味は全体的に美味しいだけに惜しい。

SF BiteBite’s評価(総合77点)

味 31点(40点満点)
コストパフォーマンス 16点(20点満点)
サービス 6点(10点満点)
雰囲気 8点(10点満点)
独創性 8点(10点満点)
清潔感 8点(10点満点)

No. 246(アトランタ・Decatur地区)

http://www.no246.com
129 E Ponce De Leon Ave
Decatur, GA 30030
(678) 399-8246
Mon-Thu 11 am – 10 pm
Fri-Sat 11 am – 11 pm
Sun 11 am – 9 pm
予約はこちら