Himawari/ひまわり(ラーメン屋)総合74点

ベイエリアで日本のラーメンが食べたくなったら その②

himawari-entらーめん道場に引き続き、ベイエリアで日本のラーメンが食べたくなった場合のスポット。サンフランシスコから車で20分程南に行ったサンマテオ(らーめん道場と同じ)にあるひまわりは、イケてない外観とは裏腹に、中はレコードをサイドに飾ったカフェのような店内となっており、バックミュージックにはジャズが流れている。

himawari-inside日本人のスタッフも多いので日本語OK、オープンキッチンから見えるシェフは日本人ではないようだ。お昼時間から大分外れていたこともあり、人はまばら。
himawari-kitchenラーメンの種類はサンマテオのらーめん道場やサンタクララの俺ん家らーめんと比較するとかなり多い。写真には写っていないがサイドメニューも充実している。

himawari-menuラーメンをオーダーすると追加2.5ドルで餃子、ミニチャーハン、ミニチャーシュー丼、カリフォルニアロール、ミニサラダ等が付けられて、まさに日本のラーメン定食のよう。

himawari-gyoza餃子 2.5ドル(Gyoza $2.5)
らーめん道場ではサイドメニューはほとんど無く、餃子も焼きではなく水餃子しかないので、このラーメン定食メニューは嬉しいところ。しかも2.5ドルというコストパフォーマンスの良さの割に美味しい。

himawari-karaage唐揚げ 7ドル(Chiken Karaage $7)
衣に片栗粉だけを使っていると思われる竜田揚げ風のサクサク系の唐揚げ。ちょっとしたサラダにスパイシーなドレッシングがかかったものが付け合わせで付く。個人的にはふわふわ系が好みだがこれはこれで良い。
himawari-tantanmen白担々麺デラックス 13ドル(Shiro Tantan Men Deluxe $13)数量限定
普通の担々麺(9ドル)は数量限定ではないが、白担々麺(9.5ドル)は数量限定。それにトッピングをてんこ盛りにしたのがデラックス。とろ火で煮込んだ豚肉の塊や、焼豚、豚のひき肉などが所狭しと入っている。上に乗っているのはコリアンダーと卵。卵はちゃんと半熟である。このラーメン見た目よりも全然辛くない。辛いもの好きの私としてはもっと辛くても良いと思う。

himawari-shio塩バターラーメン 9ドル(Shio Butter Corn Ramen $9)
塩ラーメンにバターとコーンを加えたものだが、はっきり言ってこの選択は失敗したと思う。バターもコーンも無い方が美味しく、スープの味を邪魔されて分かり辛くなっているが、鶏ガラが効いた懐かしいような感じのスープ。麺は細麺で、もうちょっと固い方が好み。

近所にあるらーめん道場の方がラーメン自体は美味しいと思う。しかしメニューの豊富さ、混み具合、営業時間帯によって使い分けが出来そうだ。このお店の一番人気は担々麺のようなので、次回はそれを注文してみたいと思う。

SF BiteBite’s評価(総合74点)

味 28点(40点満点)
コストパフォーマンス 16点(20点満点)
サービス 8点(10点満点)
雰囲気 7点(10点満点)
独創性 7点(10点満点)
清潔感 8点(10点満点)

Himawari(サンマテオ)

202 2nd Ave
San Mateo, CA 94401
(650) 375-1005
Mon-Sun 11:30 am – 3 pm
Mon-Thu 5:30 pm – 10:30 pm
Fri-Sat 5:30 pm – 11:30 pm
Sun 5:30 pm – 9 pm