Spruce/スプルース(ニューアメリカン)総合85点

閑静な住宅街にあるミシュラン1つ星の名店

spruce-entサンフランシスコの中でも、何億もする高級住宅が立ち並ぶエリアにある、ミシュラン1つ星のレストラン。2007年にオープンして以来、安定した評価のあるお店で、オープン当時は2ヶ月先まで予約で一杯といった状態だったようだが、現在はもう少し予約は取りやすくなっている。

spruce-ent2レストランのエントランスにはちょっとしたホールがあり、ホールを入った先の店内にはシャンデリア(バカラらしい)がかけられている。有名なデザイナーがデザインしたという内装は、ゆったりしたサイズの椅子に、シックな壁と天井のむき出しになっているパイプ類のコンビネーションがエレガントに偏りすぎず、モダンでいい雰囲気。

spruce-inside訪問は平日のランチタイム。土地柄と夏休みということもあってか客層は、近隣の上品な家族連れという印象。

spruce-inside2スプルースはサンフランシスコから南に車で30分程下ったウッドサイド(Woodside)という街(ソフトバンクの孫氏が110億円の豪邸をウッドサイドに購入して話題となった)にあるザ・ヴィレッジ・パブ(The Village Pub)というミシュラン1つ星のレストランと同じバッカスグループの系列。

この2店舗以外にもこのバッカスグループは、サンフランシスコにカフェ(Café des Amis)と、パロアルトにもカフェ(Mayfield Bakery & Cafe)、ベイエリアに4店舗程のピッツエリア(Pizza Antica)、イーストベイにコーヒー豆の焙煎所兼レストラン向けホールセール(Roast Co)を保有しており、いずれも定評のあるお店だ。

バッカスグループでは、自社のレストランやカフェで使用する野菜や果物の農産物の、実に80%を自社保有のオーガニック農園で育てたものを使っている。サンフランシスコ近郊ではかねてから地元産、オーガニックの材料を使うことがトレンドになっているが、一部のより先進的なレストラン(フレンチランドリー等)ではレストランによる自社栽培が始まっていることも特筆すべきことだ。

spruce-breadお通しのパン。いずれも美味しかった。

spruce-butterポップクリーム状のバターは通常のものとシナモン入りと二種類だった。

spruce-soupカブのスープ 12ドル(Purple top turnip soup $12)
写真は取れなかったが、紫色の花などで美しく飾られたプレートが運ばれ、その場でスープが注がれた。このスープがクリーミーでほのかなカブの甘みがあるだけでなく、優しいコクがあって、とても美味しかった。どうやら秘密は「ボン・マロー(フランス語で骨髄の意味)」を使っているようだ。日本では馴染みの無い骨髄の中身だが、アメリカではたまに見かけるメニュー。このスープの完成度はかなり高い。
spruce-beeftartareステーキタルタル 16ドル(Steak tartare $16)
ウエイターに人気メニューを聞いてオーダーした品。これが絶品で、今まで食べたステーキタルタルの中で最も美味しかった。よくあるステーキタルタルは、塩味がきつくて、ちょっとオイリーで最後まで食べる頃には飽きているというものが多い。そんな中これは、絶妙な塩加減とスパイス加減で非常にバランスがとれたタルタルに、生の地鶏の卵黄でコクとマイルドさをプラスしている。

spruce-beedtartare2一緒に付いて来たパフと食べると尚美味しい。

spruce-duck-confit鴨肉のコンフィ 21ドル(Liberty duck confit $21)
鴨のもも肉を低温の油でじっくり火入れしたもの。クスクスやブロッコリーニ(ブロッコリーより細身の品種)が添えられている。コンフィは外側の皮はパリっとしていて、中はジューシーといった具合に完璧に調理されている。味は、リンゴによるほのかな甘さと塩味のバランスが取れた仕上がりとなっている。このダックコンフィも今まで食べた中でトップレベルの美味しさだった。

spruce-burgerスプルースバーガー 17+4ドル(Spruce burger, French fries $17+$4)
お店の名前の付いたハンバーガーなのでオーダーしてみた。周りもこのハンバーガーをオーダーしている人をよく見かけたので人気メニューなのだろう。ベーコンとマッシュルームを追加したので、プラス2ドルづつで計21ドルだった。

spruce-burger-inside焼き加減はこんな感じ。ベーコンもマッシュルームもかなり分厚いものが付いてくる。マッシュルームはモレルマッシュルーム(morel mushroom)というフランス料理でよく使われる高級キノコで、蜂の巣のような形が特徴。追加したベーコンがかなり分厚かったこともあり、バーガー自体がかなりくどくなってしまった。美味しかったが、何も追加しないシンプルな状態にするべきだった。

spruce-bar尚、店内入ってすぐのバーラウンジは終日営業している。

このお店は1年程前にディナーで訪問していたのだが、実はあまりいい印象が無かった。ミシュラン星付きのお店とは思えない、サービスレベルの低さ(頼んだドリンクが出て来ないにも関わらず、別の店員が代わる代わるドリンク追加しますかと聞きにくる。そして結局出て来ないまま食後のコーヒーが出てくる、等)と、ポーションの少なさ(メインにオマール海老を頼んだせいかもしれないが)にがっかりして以来足が遠のいていたが、今回改めて訪問すると、サービスは良いし、お料理も美味しく、ポーションもむしろ多いくらいだった。
特にステーキタルタル、スープ、ダックコンフィは次に訪問したら必ずもう一度オーダーしたいと思う程、絶品だった。

spruce-winesスプルースのもう1ついい点は、グラスワインの種類が非常に豊富であること。これだけのグラスの品揃えをしているレストランは、さすがミシュラン星付きの高級店といったクオリティである。接待なんかのシチュエーションにも良さそうだ。
今回の満足度からすると気持ち的には87点くらいにしたいのだが、前回のディナーでの不信感を拭いきれていないので、サービス−1点、コスパ−1点の85点とする。

SF BiteBite’s評価(総合85点)

味 36点(40点満点)
コストパフォーマンス 15点(20点満点)
サービス 8点(10点満点)
雰囲気 9点(10点満点)
独創性 8点(10点満点)
清潔感 9点(10点満点)

Spruce(サンフランシスコ・プレシディオハイツ地区)

http://www.sprucesf.com/
3640 Sacramento St
San Francisco, CA 94118
(415) 931-5100
ランチ
Monday through Friday, 11:30 a.m. until 2:30 p.m.
ブランチ
Sunday, 10:00 a.m. until 2:00 p.m.
ディナー
Sunday, 5:00 p.m. until 9:00 p.m.
Monday through Thursday, 5:00 p.m. until 10:00 p.m.
Friday and Saturday, 5:00 p.m. until 11:00 p.m.
予約はこちら