Schmidt’s/シュミッツ(ドイツ料理)総合84点

本場さながらのドイツビールとソーセージ

schmidts26時前の入店なのでほぼ一番乗り。ビールとソーセージというとパブみたいなお店を想像するが、店内はモダンでいたって上品。ドイツのドラフトビールが8種類程あり、それ以外にもドイツの瓶ビールが20種類程常備されている。

schmidts5Googleの元CEO・現会長のEric Schmidtと同じ名字のこのレストランは Christiane Schmidtと彼女のpartnerであるDavid Pierceによって作られた。Eric Schmidtもドイツ系アメリカ人であり、シュミットという名字はドイツ人によくある名字らしい。

schmidts3ゴールデンラガー生ビール 7ドル(Zwickl Kellerbier / draft $7)
今回注文したビールの中で最も美味しかったのがこれ。下のアンバーよりも若干軽めでバランスが良く、お店も一番のお勧め。0.5リットル(ミディアム)と容量たっぷり。他にスモールサイズとラージサイズあり。

schmidts4アンバー生ビール 6ドル(paulaner marzen / draft $6) アンバー(琥珀色)のビール。フルーティな香りとコクがある。同じく0.5リットル。

pretzelプレッツェル 2.5ドル/個(salt pretzel roll, butter, sweet mustard $2.5)
プレッツェルにいいイメージは持っていなかったのだが、ここのものを食べて初めて美味しいと思った。暖かいプレッツェルの付け合わせはバターと甘いマスタード。

週変わりで変更されるスペシャルからスープとサラダをセレクト。
schmidts6プレッツェルのスープ 6ドル(pretzel soup with pretzel croutons $6)
ローストした野菜に、ピューレ状のプレッツェルを加えてたスープ。上に乗っているプレッツェルのクルトンと合わせるとクランチーで美味しい。同行したドイツ人曰く、本当に伝統的なドイツの味なんだとか。

schmidts7緑と紫キャベツのサラダ 7ドル(rot und weisskohl Salat $7)
ソテーされた通常のキャベツと紫キャベツに、ベーコン・ゆで卵・プルーンを細かく切って加えたサラダ。マスタードドレッシング。初めて食べるサラダであるが、ベーコンの塩味とマスタードの辛み、ゆで卵の柔らかい味とプルーンの甘みがミックスされて美味しい。

schmidts85つのソーセージプレート 25ドル(5 sausage plate $25)
5つのソーセージの種類はBavarian, Smoked, Nürnberger, Chicken bratwurst, Smoked wild boar。マッシュポテトとザワークラウトという酸味の強いキャベツの漬物が付け合わせで付く。また、マスタードが2種類付いてくるのだが、一方はよくある辛めのマスタードで、もう一方は甘いマスタード。甘いマスタードというとちょっと違和感があるが、これをソーセージに付けて食べると旨味が増してとても美味しい。ソーセージはドイツ料理レストランらしいクオリティの高いソーセージばかりでどれも当たり。しかもかなりのボリュームで5本で$25はかなりお得。恐らく女性なら1.5本も食べればお腹いっぱいだろう。

schmidts10(写真左)ダークラガー生ビール(köstritzer schwarzbier / draft $6)
カラメルのような甘い香り。ちょっとボディが重過ぎか。
(写真右)ピルスナー生ビール(radeberger / draft $6)
日本でよくあるビールに近いライトな色に軽めのボディ。苦味はあまりきつくない。

schmidts11壁一面にドイツから輸入された品が販売されている。美味しいドラフトビールを大きなジョッキで飲みながら、クオリティの高いソーセージを食べられてコスパも良い。再訪する。

SF BiteBite’s評価(総合84点)

味 33点(40点満点)
コストパフォーマンス 17点(20点満点)
サービス 9点(10点満点)
雰囲気 8点(10点満点)
独創性 8点(10点満点)
清潔感 9点(10点満点)

Schmidt’s(Mission地区)

http://schmidts-sf.com/
2400 Folsom St (between 20th St & 21st St)
San Francisco, CA 94110
Mon, Sun 5 pm – 10 pm
Tue-Sat 5 pm – 11 pm
Sat-Sun 11 am – 3 pm
(415) 401-0200
※予約は8名以上の場合のみ、電話で受付